進捗 其の二 “1976y エアストリーム ソブリン 31ft”

前回の記事に続いて、在庫車の仕上げについてですが、
今回は1976年 エアストリーム ソブリン 31ft 。

こちらの車両は当方の敷地内で営業しているカフェ「ガレージランド チコ」の5代目食堂車として仕上げを行いました。
リアにある、ブラックタンク、グレータンクを外し、スケルトンにした後、サブフロアに防腐剤を塗布し、その上に、杉の野地板をはっております。
フローリング材ではないので、ご使用の用途に合わせて張替えが可能です。
新品ではなくちょっと野ざらしにした木を使ったので味がでていて個人的には好きですが。

株式会社ガレージランド 埼玉県狭山市 ヴィンテージ エアストリーム 輸入販売 在庫 中古

壁や天井はプラサフを粗めに吹き付け、その上にアイボリーホワイトの艶消し塗料を塗っております。

他にもタイヤハウス部分は、進行方向右側はベンチとして座れるようサイズと高さを調整して製作し、
左側は最低限の大きさでカバーを製作しております。

株式会社ガレージランド 埼玉県狭山市 ヴィンテージ エアストリーム 輸入販売 在庫 中古 AIRSTREAM 全国納車

株式会社ガレージランド 埼玉県狭山市 ヴィンテージ エアストリーム 輸入販売 在庫 中古 入間市

電気も3mのダクトレールを設置し、他にもコンセントを2箇所設置しております。
配管は基本的に鉄管を通しております。

株式会社ガレージランド 埼玉県狭山市 ヴィンテージ エアストリーム 輸入販売 在庫 中古 AIRSTREAM

今週の土曜日、4月20日よりカフェの営業を再開するので、それに間に合うように内装を先に仕上げました。
まだ、カウンターテーブル用の鉄足が届いておらず、完成とは行かないのですが、
それなりに形になったので一安心です。

カフェの営業はGWや、貸切BBQのご予約もあり、変則的な営業となりますので、
お越しの際はinstagramアカウントをチェックしてみてください。

外装もオープンまでに仕上げたいなと思っているので、頑張ってみようと思います。

それでは。

進捗 其の一 “1952y スパルタン スパルタネット 32ft”

色々と納車をさせていただいており、西の方へ行くことが多かったこの頃です。
在庫車両の仕上げも並行して行なってはいたものの、ちょっと遅れが出ております。
それでも良い感じで仕上げが進んでいるので、とりあえずスパルタネットの仕上げです。

まずは基本的に内装を剥ぎ、床下、壁、天井と、全て断熱材を施工。
ここでわかるのが、フレームや梁などの状態なのですが、
フレームの錆も少なく、梁も数箇所・劣化や剥がれはありましたが、思っていた以上に程度がよく、一人嬉しくなっております。
もちろん、フレームには防錆処理を施しました。

株式会社ガレージランド エアストリーム 輸入販売 AIRSTREAM

床下のアンダーパネルも劣化で、なくなってしまっている部分が多数あったので、全て剥がし、アルミ複合板にて施工。

株式会社ガレージランド エアストリーム 輸入販売 AIRSTREAM

さらには、サブフロアの施工。

株式会社ガレージランド エアストリーム スパルタン 輸入販売 AIRSTREAM SPARTAN

壁と天井をカナダ産のOSB材(ホームセンターでは売ってないやつですね。)にて施工。

株式会社ガレージランド エアストリーム スパルタン 輸入販売 AIRSTREAM SPARTAN 埼玉県狭山市

株式会社ガレージランド エアストリーム スパルタン 輸入販売 AIRSTREAM SPARTAN 埼玉県入間市

と、ここまで出来上がってきました。
かなり良い感じになってきておりますが、ここのところ気になっているのが、結構、材料費がかさんできてるんですよね。。。

原価が。。。

頭の中では高田渡の「値上げ」がリフレインしております。

早いうちにお話があれば、現在の金額でいきますが、
後々、完成時に原価計算して厳しいようでしたら、上げてしまうかもしれません。

何台も施工しているにも関わらず、原価計算ができていない私に原因があるのはもちろんですが、
結局、やってみると、あれも必要、これも必要。というケースが多々あります。
ヴィンテージトレーラーの場合は手直しは必須なので、どこまで手を入れるのか、どれだけ時間と費用がかかるのか、ざっくりで良いと思いますので、あらかじめ金額を出しておいた方が良いですよ。

(そうすると、うちの在庫車の金額が高くないことがご理解いただけると思います。ニヤリ。)

ブリジストンのCMじゃないですが、ヴィンテージトレーラーこそ「ちゃんと買い」をお勧めいたします。

それでは。