7月下旬に到着予定のエアストリーム在庫車両。

株式会社ガレージランド エアストリーム 輸入販売 在庫車両 埼玉県

株式会社ガレージランド エアストリーム 輸入販売 在庫車両 埼玉県

1964年モデルのAIRSTREAM SAFARI 22ftを仕入れました。
日本には7月下旬に到着予定です。
ブルーのカリフォルニアナンバーが示す通り、長い間カリフォルニアのカラッとした気候で過ごされてきたことがわかる一台。
ちなみに、ブルーのカリフォルニアナンバーは確か1969年以降1981年までではなかったかと思いますが、うろ覚えなので間違っていたらすみません。

外装は鏡面加工がされており、小傷はありますが、大きな傷や凹みはない良好な状態です。
タイヤ・ホイールは日本到着後、新品に交換予定です。

内装は水まわりや備え付けの古い家具類を外し、スケルトンな状態にし、最低限の仕上げを行い、すぐにご希望の仕様に施工できるよう準備しておきます。

22ftとなると約670センチ(フレーム部分を入れて)と、小さくはありませんが、マイクロバスがそのくらいの長さなので、そう考えると日本でも引っ張れるサイズかなと思います。
個人的にはこのくらいの大きさのエアストリームが一番引っ張りやすいなと感じます。
小さいと小回りはききますが、軽すぎて跳ねちゃう感じが運転してて怖く、逆に大きいのは高速走行はどっしりしていて良いのですが、道を選ぶ必要があるので、日本だと大変かなと。
もちろん引っ張る車によっても変わってくると思いますのでなんとも言えませんが。

他の画像はこちらから

良質なヴィンテージ車両なので、是非ご検討ください。
それでは。

本当に新規入庫車。

6月末に日本に到着予定の2台です。

1台目は1947年 ウエストウッド タホ 21ft。
かなり珍しい一台です。が、さすがに72年前の車両ですので、お疲れ気味です。
内外装ともにリフレッシュさせてから、詳細はアップしたいと思います。

特に外装は、ウエストウッドやバガボンドなど、この頃のトレーラーはアルミ地ではなく、鮮やかなカラーリングが特徴なので、雨漏り対策も含め、ラッピングにて仕上げようと考えております。
検索すると、様々なカラーでレストアしている車両が見つかるので、私もどうしようか悩むのですが、基本的にシンプルな方が好きなので、ルーフとボディーのツートーンで分けようかなと思っております。

何色にするかは検討中。

2台目は1975年 エアストリーム ソブリン インターナショナル 31ft。

ガレージランドの事務所も1970年代後半の31ftなので、この辺りの年式は個人的にも親しみやすく、使い勝手が良い印象です。
飲食店や、事務所など、スモールビジネスにもってこいのエアストリームだと思います。

太平洋を渡り、ご来日いただきましたら仕上げを進めさせていただきます。

それまでに、ご注文いただいている車両の仕上げや、日本国内登録など、作業を行ってまいります。
そろそろ梅雨入りということですので、ジメジメした季節ですが、バリッと仕上げていきます。

それでは。