エアストリーム - Airstream -

直輸入

製造から半世紀ほど経年されているキャンピングトレーラーを輸入するということは、その車両自体の遍歴を知らないと本当の程度というのはわからないのではないだろうか。
自動車と違って用途はさまざま。居住目的、レジャー目的、敷地内の離れとして、旅に出るためなど、目的は所有した人の数だけあるだろう。
その目的によって経年劣化の具合は異なるし、どの地域に置かれていたのかという点も主にフレームの錆という点では重要だ。
もちろん、複数オーナーのエアストリームが多いので全ての遍歴を知ることはできないが、現地に赴き、現オーナーと拙い英語で話を聞いていると、オーナーがわかってる範囲でいろいろ教えてくれる。
また、オーナー個人をみても色濃い人が多いのも特徴だ。
ヒッピー世代を地でいく、デッドヘッズのような人もいれば、サーフィンボードのシェイプをするために使ってた人もいる。

単に輸入販売するだけでなく、少しでも一台のエアストリームが歩んできた時流を日本に一緒に持ち帰ればと思い、なるべく自分で目を通し、仕入れを行っている。
そのエアストリームが日本で新たな時流を、新たなオーナーと歩んでもらえたら幸甚です。


仕上げ

日本で大きなエアストリームを購入される方の多くは、定置でショップや事務所などの利用が多いと思われます。
そうなるとオリジナルの家具やタンク、家電などはあまり重要ではないし、年数も経過しているので状態のほども良いと言えるものは少ないのが現状。
ガレージランドでは、フラットな状態でお客様のクリエイティブな発想を実現しやすいような形での販売を心がけております。

ただキレイにするのではなく、見えない部分の防錆加工や、隙間を埋め、快適な時間を作れるように一台一台仕上げております。


ご提案

ガレージランドの事務所は私が最初に輸入したエアストリームを自身で改装して使用している。
良い点は外から見てもわかるものだが、自身で使用することによって、弱い部分や改善点が見えてくる
その経験を、ご購入いただけるお客様に惜しみなくお伝えし、お客様のエアストリームのある生活をより良いものにしていただきたい。

また私自身、エアストリームでできることの可能性を常に考えているので、さまざまな角度からご提案させていただきます。

お問い合わせはこちら