本当に新規入庫車。

6月末に日本に到着予定の2台です。

1台目は1947年 ウエストウッド タホ 21ft。
かなり珍しい一台です。が、さすがに72年前の車両ですので、お疲れ気味です。
内外装ともにリフレッシュさせてから、詳細はアップしたいと思います。

特に外装は、ウエストウッドやバガボンドなど、この頃のトレーラーはアルミ地ではなく、鮮やかなカラーリングが特徴なので、雨漏り対策も含め、ラッピングにて仕上げようと考えております。
検索すると、様々なカラーでレストアしている車両が見つかるので、私もどうしようか悩むのですが、基本的にシンプルな方が好きなので、ルーフとボディーのツートーンで分けようかなと思っております。

何色にするかは検討中。

2台目は1975年 エアストリーム ソブリン インターナショナル 31ft。

ガレージランドの事務所も1970年代後半の31ftなので、この辺りの年式は個人的にも親しみやすく、使い勝手が良い印象です。
飲食店や、事務所など、スモールビジネスにもってこいのエアストリームだと思います。

太平洋を渡り、ご来日いただきましたら仕上げを進めさせていただきます。

それまでに、ご注文いただいている車両の仕上げや、日本国内登録など、作業を行ってまいります。
そろそろ梅雨入りということですので、ジメジメした季節ですが、バリッと仕上げていきます。

それでは。